/

この記事は会員限定です

犯罪抑止や混雑緩和に活躍 日常に溶け込むAI

[有料会員限定]
 会社や街中で人間の「もう一つの脳」として、人工知能(AI)が身近なものになりつつある。この11月、富士通やNECなどIT(情報技術)大手がAI技術を発表。電車の混雑を緩和したり、あやしい人物を発見したりといった活用を想定している。2016年にも、日常生活でAIが普及しはじめそうだ。

国内外で人々の生活が都市に集約されつつある中、公共交通機関の混雑が大きな課題となっている。混雑緩和の切り札として、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2293文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン