/

この記事は会員限定です

究極のウエアラブル「アームキーパッド」、NECが開発

[有料会員限定]
日経テクノロジーオンライン

NECは、メガネ型端末と腕時計型端末を連携させた新しいユーザーインターフェースとして、作業者の腕を仮想キーボード化する「ARmKeypad(アームキーパッド)」を開発した。メガネ型端末を通して、自分の前腕に表示された仮想のキーボードを見ながら、タッチ入力の操作が可能だという。例えば、設備保全・保守点検や検品、在庫管理といった業務に向く。

メガネ型端末のカメラで指先の位置を、腕時計型端末の加速度セン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り477文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン