日本郵政3社初値、いずれも公開価格を大幅に上回る 「個人の人気の高さ証明」

2015/11/4 9:50 (2015/11/4 10:30更新)
保存
共有
印刷
その他

4日の東京株式市場で日本郵政ゆうちょ銀行かんぽ生命保険の郵政グループ3社が新規上場した。3社とも買い気配で始まり、日本郵政とゆうちょ銀が9時半すぎ、かんぽ生命が10時すぎにいずれも売り出し価格(公開価格)を大幅に上回る初値を付けた。

日本郵政グループ3社が東証第1部に上場し、証券会社の電光掲示板に表示される初値(4日午前、東京都中央区)

日本郵政グループ3社が東証第1部に上場し、証券会社の電光掲示板に表示される初値(4日午前、東京都中央区)

日本郵政は9時33分に売り出し価格(1400円)を231円(16.5%)上回る1631円で初値を付けた。寄り付き時点の売買高は3491万4700株だった。ゆうちょ銀も同じ9時33分に売り出し価格(1450円)を230円(15.9%)上回る1680円で初値を付けた。寄り付き時点の売買高は3359万2400株だった。

かんぽ生命は10時6分に売り出し価格(2200円)を729円(33%)上回る2929円で初値を付けた。寄り付き時点の売買高は794万株だった。

売り出し価格を大幅に上回る初値を付けた郵政3社の上場について「個人投資家からの人気の高さを証明した」(丸山俊・BNPパリバ証券日本株チーフストラテジスト)との見方が多い。丸山氏は「短期で値幅を狙う個人の売り買いも多く、初値を付けた後も売買が膨らんでいる。しばらくは個人の人気を集め、郵政3社の売買が盛り上がりそうだ」とみていた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]