/

この記事は会員限定です

アナログ放送「跡地」 民放ラジオでようやく活用へ

[有料会員限定]

2011年7月に終了した地上アナログテレビ放送の広大な空き周波数帯の活用がようやく進み始めた。エフエム東京などが通信と放送を融合させた新サービスを来春に始める。ニッポン放送などの民放AM局は12月からFM波での番組の同時放送を開始する。インターネット上で提供されるコンテンツが豊富になるなか、ラジオ各局は災害時の有用性などをアピールして新放送の聴取者や広告獲得をめざす。

スマホや車載端末向けにラジオ

エフエム東京や産業革新機構が出資...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1298文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン