/

この記事は会員限定です

エイベックス離脱の衝撃 JASRAC独占に亀裂

[有料会員限定]

音楽300万曲の著作権を管理する日本音楽著作権協会(JASRAC)。放送局からカラオケバーまで、音楽の使用料を徴収し、作曲家などに分配する「音楽の国税庁」だ。その支配下から、エイベックス・グループ・ホールディングスが離脱を決めた。音楽業界の市場縮小に背中を押され、大勝負に打って出た。

トップ会談

「エイベックスがJASRAC離脱」の一報を日経新聞が報じた5日後の10月21日。東京・恵比寿の中華料理屋で2人の男...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4665文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン