/

ワイルドレース戦記 雨で転倒、泥まみれの激走 富士山ぐるり170キロ(上)

ランニングブームが続く2015年の日本。長距離レースの舞台は、硬い舗装路やトラックだけではない。街を飛び出し、山・森・海といった自然の中を本能のままに駆け回るランナーが増えている。トレイルランニング、トライアスロンなど自然そのままを競技コースにした「ワイルド」な大会に記者自身が参加し、その熱気と魅力を伝えたい。第7回は富士山をぐるりと一周する計170キロのトレラン「ウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)」の前半戦だ。

序盤、富士山麓の青木ケ原樹海を抜ける(富士トレイルランナーズ倶楽部提供、以下同)

「雨の中、夜の山を疾走するなんてクレージーすぎるだろ」。友人から来た無料対話アプリ「LINE」のメッセージをスマートフォン(スマホ)で見て、呼吸を整えながらニヤリと笑った。9月26日午前2時すぎ、スタートから13時間かけて70キロを走り、4カ所目のエイドステーションの「富士宮」にたどり着いた。

「どっちみち転ぶ」と覚悟決め

まず立て続けに水をコップ3杯。6時間前に前のエイドを出る時、パックに満たした2リットルの水は、とうに空になっていた。ブルーシートに腰を下ろし、少し冷めた富士宮焼きそばをかき込む。

暗闇の先から一つ、また一つと光が近づいてくる。選手が頭に装着したり、手に持ったりするライトだ。手も足もウエアも泥だらけ。疲れた選手を、ボランティアの人が「お疲れさま」と拍手で迎える。後ろのベンチには、放心した表情の外国人選手が座っていたが、係員に促されバス乗り場に向かってヨロヨロ歩き始めた。リタイアを決めたようだ。誰かの声が聞こえてくる。「あと100キロだよ!」。果たして励ましなのか、脅しなのか。間違いなくこの状況はクレージーだ。

エイド付近では深夜でもボランティアやサポーターが声援を送ってくれる

険しい山が連なる前半のヤマ場、夜の天地山塊を越えてきた。急勾配の登りではぬかるんだ泥に足をとられ、踏み込んだ足がズルズル滑って思うように進めない。下りはさらに悲惨だ。雨にぬれたツルツルの路面に足を滑らせ、何度も転ぶ。

雪見岳(標高1605メートル)から下りが始まると、前後から「うおっ」とか「ひゃっ」とか転倒者の悲鳴が聞こえてきた。両サイドが切れ落ちた細い尾根道。暗闇の中、ヘッドライトと手持ちのライトで足元を照らし、草や木の枝をつかんでソロリと下りる。

「慎重に進んでも思い切って走っても、どっちみち転ぶんだ」。何度か尻もちをついたところで覚悟を決めた。同じ転ぶなら速く進んだ方がいい。腰を落とし、重心を前にして、足をどんどん前に出して、泥に乗って滑るように下る。文字通り七転び八起き、転んでもすぐ起き上がって、また走る。

山中で何度も転倒し、全身泥だらけに

こうして泥坂と格闘すること4時間、最後に標高差600メートルを下りきった。舗装路に出ると、ホッと緊張が解けた。路肩に座り込み、光が弱くなったライトの電池を交換した。十数キロ先の富士宮エイドまで、舗装路と山道が繰り返す。傾斜が緩やかになり、走ったり大股で歩いたりしてスピードを保つ。60キロ走った割に足が動く。調子が良いようだ。

昨年リタイアのリベンジ期す

リベンジに燃えていた。昨年4月に初めて挑んだUTMF。スタートから40時間を過ぎた3日目の朝、目の前が白くぼやけて見えにくくなり、ゴールまで25キロを残してリタイアした。視界が曇った原因はわからない。ただ、意識・記憶が薄れ、ろれつも回らず、体が限界を迎えていたことは確かだ。「おまえに完走はまだ早い」と富士山に告げられた気がした。

「自分に負けた」。時がたつにつれ悔しさが募った。負けっ放しは嫌だ。この国内最高峰のトレイルラン大会を、死ぬまでに一度は完走したい。100マイル走りきった先の世界を見てみたい。こらえ切れず、2度目の挑戦を決めた。

小雨の中、約1400選手がスタート

大会初日の9月25日朝、地面を激しくたたく雨音で目が覚めた。「結構降ってますね」と、民宿で相部屋になった選手の男性とぼやきながら、防寒着などの荷物を防水用の袋に収めた。雨でもろくなった山道の損傷を抑えるため、一部コースの変更が決まっていた。

それでも「なんとかなるだろう」と気楽に構えていた。超長距離のレースでは、天候以外にも痛み、ケガ、眠気、幻覚、補給ミス、道迷いなど、思い通りにならないことがいくらでも起こる。その全ての困難と向き合い、乗り越えてこそ、完走の道が開ける。雨くらいで心が揺らいでいては、リベンジはかなうまい。

午後1時、小雨が降り続く河口湖畔の公園から、170キロの長い旅が始まった。出場者は外国人400人を含む約1400人。反時計回りに山梨・静岡両県を走る。ゴールの制限時間は46時間。記者は44時間後の27日午前9時ごろにゴールする綿密なタイムスケジュールを作っていた。

序盤は細い山道で選手が渋滞する

湖畔を3キロ走るとすぐ山に入る。道が急に細くなる山の入り口では、渋滞が予想される。昨年の敗因として、序盤のペースが遅すぎたことが挙げられる。後方で長い渋滞に巻き込まれて時間を浪費した結果、その後の各関門で制限時間に追われ続けて体力を消耗した。同じ轍(てつ)は踏むまい。今回は序盤から速めに走った。

集団の前方にいた分、山の入り口付近で歩いたり立ち止まったりの渋滞は15分ほどで済んだ。順調に人が流れ、足和田山(標高1355メートル)を越える。下りは軟らかい土のトレイルだ。デコボコした地面は、左右にステップを踏み、飛び跳ねるように走れて楽しい。気分が盛り上がり、どんどん加速した。

飛ばしすぎか、序盤は快調に

「168位だよ!」。山を下りた所で応援の男性に順位を教えられて、一気に冷静になる。上位1割とは、いくらなんでも飛ばしすぎだ。続く長い舗装路ではペースを緩めるため、別の選手と並んで会話しながら走った。過去に出た過酷なレースの話で盛り上がるうちに、最初のエイドの「精進湖」(19キロ)に到着。地元のボランティアが作ってくれたすいとんをサッとかき込むと、5分ほどの滞在で走り出した。

山中、寺社のそばを走り抜ける

4年目を迎えたUTMFは毎年コースが少しずつ変わっている。全コースの登りの標高差を合わせた累積標高は、富士山2つ分にあたる約7800メートル。雨によるコース変更もあり、これでも昨年から約2割減った。そして逆回りになった。ということは、スタートから25キロの道は、昨年リタイアして走れなかったゴールまでの25キロとほぼ重なっている。

午後4時半ごろ、25キロ地点のパノラマ台(標高1328メートル)を登り切った。見覚えのある景色に思わず立ち止まる。昨年、ここでリタイアを決めたのだ。ああ、あのあずまやのベンチに座り込んだんだっけ。朝焼けの富士山がドンとそびえていたが、今は雨に遮られて何も見えない。意識が薄れフラフラになって進んだ昨年の壮絶な記憶がよみがえってきた。つらかったなあ。

薄暗い森を駆け下りると、本栖湖エイド(32キロ)に着いた。ここでライトを点灯。雨によるコース変更で、本来登るはずだった竜ケ岳(標高1485メートル)を迂回して、細かなアップダウンを繰り返す裾野の森を突き進んだ。

女性選手も2割弱参加している

草木がうっそうと茂る真っ暗な森の中を1人で走っていると、前方から選手のライトが近づいてきた。女性選手が「テープを見ましたか」と少し焦った様子。道を間違えたようだ。コース上には至る所に目印として白い蛍光テープがつるしてある。だがぼんやりしていると、見逃して分岐を誤り、道に迷う。2人で来た道を引き返したが、幸い3分ほどで正しいルートに戻れた。

午後8時、麓エイド(47キロ)に着いた。広いエイド内に選手の姿はまだまばら。ボランティアをしていた友人に「どうしちゃったの?」と驚かれる。自分でも聞きたい。速すぎるのだ。ペースを落とさないと、この先急に動けなくなるかもしれない。でも調子が良いうちに距離を稼いでおきたい。思いが交錯していた。20分ほど休み、「無理しちゃだめだ」と言い聞かせながら出発。難関の天地山塊に突入し、泥まみれで冒頭の富士宮エイドに着いたのだ。

「自分への挑戦」と自然に加速

だがその頃、後方では悲惨な事態になっていた。長時間の渋滞に加え、雨でぬかるんだ道でペースが上がらず、エイドの関門時刻に間に合わない選手が続出。一夜にしてなんと半数の約700人がリタイアに追い込まれてしまった。毎年6~7割は完走していたUTMFで、これほどの多くのリタイア者が出たのは初めてのことだ。

午前3時すぎ、記者は送電塔に沿って上り下りを繰り返す道を走っていた。「集団だと楽だな」。前を行く2人の選手を追いながら思った。ペースは落ちにくいし、暗い山道でも前の選手のライトの動きを見ればコースが予測できる。自転車レースで、集団の先頭の選手が空気抵抗を受け、後ろの選手が楽に走れる状態に似ている。

とはいえ、前の選手に頼り続けるわけにもいくまい。ふと、1年前に取材したある選手の言葉が頭をよぎった。「つらい時、誰かが近くにいれば安心できる。でもそれじゃ自分への挑戦にはならないでしょ」。彼は400キロを超す超過酷なレースの中で、あえて1人になる選択をした。自分への挑戦か。ぼんやり考えているうちに、思わず前を行く2人を追い抜いていた。フッと体の力が抜け、足が軽くなった。おのずとスピードが上がり、再び1人きりになった。

エイドでは家族や知人から補給などのサポートを受けられる

粟倉エイド(76キロ)から続くなだらかな林道を2時間あまりで走り抜け、夜が明けたころ、真っ白な霧に包まれた富士山こどもの国エイド(90キロ)に着いた。前後の選手が少なく、エイドの人の声援が全て自分に注がれているようで気持ちいい。

ここでサポートの友人と落ち合った。大会では各選手がサポートを1人つけ、エイドで補給などを手伝ってもらうことが許されている。レース中はほとんど1人きり。体力面だけでなく精神的な支えにもなる。

雨に濡れ、泥にまみれ、少しほおがこけた記者を見て心配そうな表情の友人に、「やけに調子が良くて」と元気であることを伝える。事前に伝えていた到着予定時刻より2時間も早かった。スタートから18時間、富士山の西半分を回り、ここから後半戦に入る。そういえば、一度も富士山の姿を拝めていない。

(伴正春)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン