/

この記事は会員限定です

伊勢丹、無印良品も注目 アパレルに広がる国産志向

[有料会員限定]

ファッション業界で日本製品に対する評価が高まっている。町工場の直営店から高級ブランド、生活雑貨店「無印良品」に至るまで国産のヒット商品が生まれ始めている。背景にあるのは、訪日外国人によるインバウンド消費だけではない。日本人の間で日本製への再評価が広がり、ブームでは終わらない潮流を起こしつつあるようだ。

腕を上げても裾が上がらないシャツ

相撲の聖地、東京・両国国技館近く。清澄通り沿いにある1軒の洋服店に鹿児島県、徳島県といった遠方か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2072文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

消費を斬る

話題のヒット商品やトレンドの背景を専門記者が最前線の取材から分析、「今なぜ売れるのか」「次の流行は何か」を解き明かす。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン