2019年1月23日(水)

イチロー フィールド

フォローする

大リーグで登板 「投手・イチロー」の舞台裏
スポーツライター 丹羽政善

(1/3ページ)
2015/10/26 6:30
保存
共有
印刷
その他

8月終わりのこと。米大リーグのあるチーム関係者が、マーリンズのダン・ジェニングス監督のところへ歩み寄って、スマートフォンを差し出した。

「これを見てくれ」

画面に映り込んでいたのは若きイチローの姿だ。当時、22歳。ジェニングス監督は「イチローが投げていた」と笑みを浮かべる。

「しかも、結構いい球を」

ジェニングス監督から「投げられるか」

1996年7月、イチローは東京ドームで行われたオールスターゲームの第2戦で登板したが、そのときの映像が今年、一部の米メディアで話題となり、やがて米球界全体に広まった。それがジェニングス監督のところまで届いたというわけだ。

その後、ジェニングス監督はニンマリして、イチローに声を掛けている。

「投げられるか?」

そのときのことをイチローがこう振り返った。

「監督からはちょっと前に言われてたんですよ。状況によっては、そういうこともあるかもと」

"状況"とは、延長戦で投手を使い果たしてしまったり、大差がついて試合が決まり、負けているチームがそれ以上リリーフ投手を使いたくなかったりするような場面だが、「なかなかそういうシチュエーションがなくて」とイチロー。実際、そのままシーズンが終わるかと思われたが、10月4日の最終戦、七回に差が開き、おあつらえ向きの展開となった。

「今日は最後だし、4点ビハインドでしたから」

声を掛けたのは、イチローの方だという。ジェニングス監督によれば、八回表、先頭打者のイチローが、ネクストバッターズサークルで打席に入る準備をしているときに、話しかけてきたそうだ。

"You thinking about it?"

意訳すれば「この裏から、僕に登板させることが頭にありますか?」ということだが、監督はといえば、きょとんとしていたようだ。

「びっくりしてましたよ」とイチロー。「監督は自分でそうはいったものの、という感じだったんじゃないですかね」

ただ、監督の決断は早かった。

「行ってこい」

日本では侮辱的行為と捉える向きも

さて、こうして野手が登板することは、日本では侮辱的行為と捉える向きもあるようだ。

イチローもその点を懸念しながら、マウンドに上がった。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

大リーグコラム

電子版トップスポーツトップ

イチロー フィールド 一覧

フォローする
昨年末の「イチロー杯争奪学童軟式野球大会」の表彰式で、子どもたちにメダルをかけるイチロー。23回目の開催だった=共同共同

 思ったより早く愛知県豊山町に着いたので、この辺りに自分が通っていた幼稚園があったはずだと検索して向かってみると、あるにはあったが、昔の記憶とはなんら結びつかない建物がそこにあった。もう何十年も経って …続き (1/21)

イチローは5月3日、マリナーズの会長付特別補佐に就任した=APAP

 何を残すのか。それは必ずしも、数字である必要はない。アスリートの言葉もまた、いつか歴史上の貴重な証言となり、道しるべとなる。
 そのことを強く意識するイチローは2018年、キャンプも半ばに差し掛かった …続き (2018/11/20)

対戦を待ち望むイチロー(右)と大谷だが、2人の対戦は今季実現しなかった=共同共同

 シーズン最終日翌日の10月1日、エンゼルスの大谷翔平が右肘の靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けた。これで来季、大谷がマウンドに上がることはなくなり、時速100マイル(約161キロ)を超える …続き (2018/10/29)

ハイライト・スポーツ

[PR]