/

大リーグで登板 「投手・イチロー」の舞台裏

スポーツライター 丹羽政善

8月終わりのこと。米大リーグのあるチーム関係者が、マーリンズのダン・ジェニングス監督のところへ歩み寄って、スマートフォンを差し出した。

「これを見てくれ」

画面に映り込んでいたのは若きイチローの姿だ。当時、22歳。ジェニングス監督は「イチローが投げていた」と笑みを浮かべる。

「しかも、結構いい球を」

ジェニングス監督から「投げられるか」

1996年7月、イチローは東京ドームで行われたオールスターゲームの第2戦で登板したが、そのときの映像が今年、一部の米メディアで話題となり、やがて米球界全体に広まった。それがジェニングス監督のところまで届いたというわけだ。

その後、ジェニングス監督はニンマリして、イチローに声を掛けている。

「投げられるか?」

そのときのことをイチローがこう振り返った。

「監督からはちょっと前に言われてたんですよ。状況によっては、そういうこともあるかもと」

"状況"とは、延長戦で投手を使い果たしてしまったり、大差がついて試合が決まり、負けているチームがそれ以上リリーフ投手を使いたくなかったりするような場面だが、「なかなかそういうシチュエーションがなくて」とイチロー。実際、そのままシーズンが終わるかと思われたが、10月4日の最終戦、七回に差が開き、おあつらえ向きの展開となった。

「今日は最後だし、4点ビハインドでしたから」

声を掛けたのは、イチローの方だという。ジェニングス監督によれば、八回表、先頭打者のイチローが、ネクストバッターズサークルで打席に入る準備をしているときに、話しかけてきたそうだ。

"You thinking about it?"

意訳すれば「この裏から、僕に登板させることが頭にありますか?」ということだが、監督はといえば、きょとんとしていたようだ。

「びっくりしてましたよ」とイチロー。「監督は自分でそうはいったものの、という感じだったんじゃないですかね」

ただ、監督の決断は早かった。

「行ってこい」

日本では侮辱的行為と捉える向きも

さて、こうして野手が登板することは、日本では侮辱的行為と捉える向きもあるようだ。

イチローもその点を懸念しながら、マウンドに上がった。

「見方によっては失礼という捉え方もできますから、相手に対しても、やっぱり笑ってはいけないという、あそこ(マウンド)にいる間はね。ダッグアウトに戻ってきて、終わってからはもちろん、あるんですけど」

それはしかし、杞憂(きゆう)に終わっている。

大リーグで珍しくない野手の登板

両チームの選手はダッグアウトの最前列にあるフェンスから身を乗り出し、ニヤニヤしながら、投手イチローの初登板を目に焼き付けた。空振りをした打者は恥ずかしそうに笑ってごまかした。そこには決して一触即発的な空気はなく、選手らはまるで子どもの頃、公園に集まって野球を楽しんでいるかのように映った。

そもそもメジャーでは、野手の登板は決して珍しいことではない。

古くは1914年にそういう記録が残っており、最後の4割打者として知られるテッド・ウィリアムス、通算534本塁打を放ったジミー・フォックスもマウンドに上がった。

今年に関してはイチローが延べ27人目。アイク・デービス(アスレチックス)、ヘスス・スクレ(マリナーズ)、アダム・ロサレス(レンジャーズ)の3人は、それぞれ2回ずつ登板している。

中には、投手顔負けの野手もいて、昨年登板したドリュー・ブテラ(当時ドジャース)のストレートは95マイル(約153キロ)をマーク。ダイヤモンドバックスでは2001年以降、5人の野手が登板しているが、合わせると5イニングで1安打、1失点。実際はマーク・グレイス1人が安打、得点を許し、その他の4人は無安打、無失点で切り抜けている。

(注)SB NATION「The Rise of the Pitching Position Player」9月17日より。今年のデータは筆者が更新

参考までに98年以降、シーズンごとに野手の登板数をまとめたが、むしろ近年は増加傾向にあり、ファンにとって野手の登板はもう、見慣れたことなのだ。

ちなみにイチローによると、「ヤンキースのときも実はあった」とのこと。「もう1人バッターが出たら僕が投げるというのが2回ぐらいあった」

どちらのときかは分からないが、ジョー・ジラルディ監督がイチローの方を向いて「投げられるか?」とジェスチャーを送っている映像が残っている。そのときイチローは戸惑いながらも親指を立てて、「OK」のサインを送っていた。

脱線が過ぎたが、「1回は立ってみたい」と思っていたマウンド上でイチローは、こんなことを考えていたそうだ。

「とりあえず、ストライクとれるなというのは、早い段階で分かったので、それがないとパニクるかなと。フォアボール、フォアボールでは終わってますからね。次のピッチャーを用意しなきゃいけないっていうパターンは、最悪ですからね」

心配した四球はなし。結果は先頭打者から順に右翼二塁打、センターフライ、右翼二塁打、二塁ゴロ、センターフライで、2安打1失点だった。

「悔しさが残っていてよかった」

試合後、口を突いて出たのはこんな言葉だった。

「二度とピッチャーの悪口は言わないって、誓いました」

投手の大変さを、身をもって知ったということか。

「よく打つなと思って、バッター。ピッチャーを途中であきらめてよかったなと思います」

ただ、なによりこんな一言が印象に残る。

「自分の中にすごい悔しさが残ってたことが、よかったかな」

ブルペンでの投球練習はなし。監督から「投げてみるか」と言われてから、試合前のキャッチボールのときマウンドで投げている姿をイメージしたが、それだけ。しかも当日は肌寒く、肩を暖めることができなかったことから、力の入れ具合は7~8割程度。そういう状況で真っすぐが最速で89マイル(約143キロ)を記録したことはむしろ驚きだったが、本人は納得がいってなかった。

であれば、どうだろう。「2回目はいらない」というものの、案外どこかに、次に投げるときは……という思いがあるのではないか。

なお同じ日、イチローはシーズン総括の言葉も少し口にした。

「自分の数字は目を疑うもの」

次回はイチローの言葉をもとに、メジャー15年目のシーズンを振り返る。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン