/

この記事は会員限定です

名門解体 HPを割った戦犯たち

[有料会員限定]

11月1日、米国シリコンバレーを代表する名門、ヒューレット・パッカード(HP)が分割された。事実上の解体を招いたきっかけは、出口の見えない業績の低迷だ。度重なるM&A(合併・買収)の失敗、そして経営の迷走。おおらかな企業文化も消えた。戦犯は誰だったのか。

破滅を招いた「あのディール」

カリフォルニア州ロサンゼルス近郊のベッドタウン。米CNNが9月16日に開いた共和党大統領候補者の討論会は「不動産王」と「元名物経営者」の舌戦で盛...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3828文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン