/

この記事は会員限定です

ノーベル賞に暗雲 独創的研究を阻む資金低迷

[有料会員限定]
 今年もノーベル賞受賞に沸くニッポン。今のままのペースでいけば、政府が2001年度に策定した第2期科学技術基本計画で掲げた50年ごろまでにノーベル賞受賞者を30人程度輩出するとの目標は達成できそうだ。だが、足元の研究現場は厳しい状況だ。ノーベル賞受賞者の研究を支えてきた研究費が減少傾向にあり、独創的で挑戦的な研究を進めにくくなっているからだ。科学技術立国ニッポン行く手には暗雲が垂れこめている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2449文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン