/

この記事は会員限定です

低コストを評価、楽天証券がDC投信を一般向けに販売

[有料会員限定]

楽天証券は9月に確定拠出年金(DC)専用だった投資信託4本を一般の投資家向けに発売した。同社が取り扱う投信の中で、信託報酬が最も低い水準の商品となる。運用コストが抑えられるため、長期保有に向くとして2016年4月開始の未成年対象の少額投資非課税制度(ジュニアNISA)向けの活用も視野に入れ、販売に注力する考えだ。

採用したのは三井住友アセットマネジメントが運用する「DC外国債インデックスファンド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り946文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン