「疑心解消へ対中対話を」 明石康・元国連事務次長に聞く
動き出す日本の「守り」

2015/10/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安全保障関連法の成立から約1カ月。安保法により日本は国連平和維持活動(PKO)の幅が広がる。日本はどこまで国際貢献をすべきか。明石康・元国連事務次長に聞いた。

■意図が誤解されない努力を

――安全保障関連法の成立がアジア地域の軍備拡大につながり「安保のジレンマ」を招く恐れはありませんか。

「安保法成立は前進だ。法律が成立したことで懸念や不信感をもつ国があるとしたら、我が国の真の意図を辛抱強く説明す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]