「居眠り運転」生体情報で防ぐ タクシー、バスで実証
生体情報は仕事を変える(下)

(1/2ページ)
2015/11/27 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 灯台下暗し――。「顔」「姿勢」「心電位」「脈波」など、人間の"外側"と"内側"から発信される生体情報は、誰にとっても身近なはずが、これまではその存在にすら気づかれず、業務に活用されることもなかった。しかし、状況は大きく変わった。生体情報をデータとして捉える解析手法やセンサー技術が、ここ数年で飛躍的に進歩したからだ。本連載では、ユニークな視点で生体情報を活用する事例に迫る。最終回は、運転手の眠気の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]