2017年11月20日(月)

「漏らさない」 トイレの失敗が生んだウエアラブル

(1/3ページ)
2015/10/16 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 「あと10分で出ます」。下腹部にマッチ箱サイズの端末を貼り、排尿や排便の時間を知らせるウエアラブル端末が近く登場する。IT(情報技術)ベンチャーのトリプル・ダブリュー・ジャパン(東京・渋谷)が開発中の「DFree(ディーフリー)」だ。世の中に先駆けて排出予測ウエアラブルを考え出したのは、創業者で代表取締役の中西敦士氏(31)。きっかけは、自身のトイレの失敗だった――。(以下、敬称略)

 「日本では…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ

ヘルスケアはデジタルの有望市場

「Innovator's Story」スタートアップ経営者の意外な半生



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報