2019年6月25日(火)

梶田氏にノーベル物理学賞 「ニュートリノに質量」発見

2015/10/6 20:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【パリ=竹内康雄】スウェーデン王立科学アカデミーは6日、2015年のノーベル物理学賞を、東京大学宇宙線研究所所長の梶田隆章氏(56)とカナダ・クイーンズ大学名誉教授のアーサー・マクドナルド氏(72)の2氏に授与すると発表した。梶田氏は物質の最小単位である素粒子の一つ、ニュートリノに重さ(質量)があるのを初めて確認した。これまでの素粒子物理学(3面きょうのことば)の常識を覆し、宇宙や物質が誕生した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報