/

この記事は会員限定です

大震災に翻弄、新天地へ 車いすバスケ・豊島英(中)

[有料会員限定]

2011年3月11日午後2時46分。コピーした資料の整理をしていた豊島英は、突然の揺れに襲われた。勤務先は東京電力福島第1原子力発電所の事務本館。未曽有の原発災害を食い止めようと、命懸けの作業の最前線として有名になる免震重要棟の隣のビルだ。

福島県いわき市で生まれ、地元の商業高校に通っていた豊島は07年、障害者雇用に熱心だった東電に就職する。仕事は経理。双葉町の独身寮から車で原発に通っていた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1048文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン