2019年6月16日(日)

ランナー集まれ

フォローする

ベルリンマラソン、苦悩なき完走 終盤に夢の5キロ
編集委員 吉田誠一

(1/4ページ)
2015/10/5 6:30
保存
共有
印刷
その他

ベルリンマラソンに予備エントリーしたのが昨年10月で、当選発表が11月20日だった。出場が決まってから大会まで10カ月という長い時間が経過している。つまり、10カ月もの間、私の心の中に今年のベルリンマラソンがあった。

ベルリンマラソンに支配されていたといっても大げさではない。私の額には知らぬ間に「めざせベルリン」「ベルリン・命」と刻まれていたような気がする。

これはもう私にとっての大イベントですよ。2015年9月27日のために10カ月を過ごしてきたようなものだ。まるでオリンピックを控えるスポーツ選手のようではないか。

出場が決まってから10カ月、ベルリンマラソンのために過ごしてきたといってもいい

出場が決まってから10カ月、ベルリンマラソンのために過ごしてきたといってもいい

本番を前にして微熱、気が弱いのか?

小さな失敗なら許されるが、大失敗は決してしたくない。長い間、待ち続けたのにボロボロの大惨敗を喫しましたということになったら、あまりに悲しい。そういう思いがストレスとして働いていたからなのか、本番を前にして体調がにわかにおかしくなった。

日本をたつ直前の9月22日の晩、微熱が出ているのを感じた。体温計で測るほどの熱ではないが、何となく普通ではない。とりあえず、気休めに風邪薬を飲んだ。

24日にベルリン入りすると元に戻ったが、夕方、また微熱を感じた。そういえば、最近、自分にとっての大きな大会を迎えると、こんな感じになる。気が弱いのだろうか? だらしがないのだろうか?

しかし、これは必ずしも悪いことではないのではないか。緊張して体が変調をきたすほど、私は本気でベルリンマラソンに臨もうとしている、ということなのではないか。だったら立派。

万全でないときは無理ができないので、慎重にレースに入る。ということは、おきまりの「序盤のオーバーペース→後半の大失速」という撃沈劇が避けられるかもしれない。

もちろん、そこまで頭を整理して、「いいんじゃない、微熱」と割り切っていたわけではない。不安のほうが大きかった。時差調整のため本番の3日前に現地入りした(これも本気だったから)が、体調が心配で街を歩くのは最小限にした。

9月26日に行われたインラインスケートのマラソン

9月26日に行われたインラインスケートのマラソン

レース当日、午前5時40分に起床すると、体調がいいのか悪いのかよくわからなかった。8時間以上も寝たせいか、かえって少し眠い。迷ったが、保険のため風邪薬を飲んだ(ドーピング違反だろうか?)。

朝食は食べ過ぎないように。ふだんどおりを心掛けた。今回はグリコーゲンローディング(3日前から炭水化物を増やす)をしなかったのもそのためだ。生活のリズムやしきたりを変にいじることはないという結論を得た。その代わり、エネルギージェルを3つ携帯した。

スタート、4万人近い走者が大進撃

午前7時すぎにホテルを出ると、30分もかからず会場に到着した。4万人近くが走るだけに、非常に混雑しているが、ムードは落ち着いている。

それは熟練のランナーが多いからなのか、ランニング文化が熟成しているからなのか。あるいは私が5度目の出場で、この大会に慣れているから、そう感じるのかもしれない。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ランニングのコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

ランナー集まれ 一覧

フォローする
ロンドンで開かれた「オリンピックパーク5K&10K」

 旅に出ると、宿泊先は近隣にランニングコースが取れそうなところにするし、都合がつけば、その地の大会に出てみる。
 休暇でロンドンを訪れる直前に近郊の大会を探してみると、距離の短いものがいくつか見つかった …続き (2018/2/13)

懸命にゴールを目指す出場ランナー(はが路ふれあいマラソン)

 昨秋からの私のマラソンシーズンはかなり悲惨なものになっている。厳しく冷え込んだ昨年12月17日の、はが路ふれあいマラソン(栃木)は3時間50分43秒に終わった。後半、粉雪がちらつき始めた極寒との闘い …続き (2018/1/30)

子どもたちは広い空間を与えられると、はしゃぎ始める。これがランニングの原点(いわきFCのスポーツ教室)

 2004年11月の初マラソンの記録(ネットタイムで3時間52分40秒)を下回るのは、いつになるのだろう。なるべく先延ばししたい、しかし、そろそろ時間の問題かもしれないと近年、感じていた。
 何しろ、2 …続き (2017/12/5)

ハイライト・スポーツ

[PR]