超高層ビルの長周期地震動、汎用品による制振装置で対策

2015/10/1 8:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大林組は、大阪市中央区で建設を進めている高さ148mの超高層ビル「新南海会館ビル(仮称)」の長周期地震動対策として、汎用品だけで構成するTMD(チューンドマスダンパー)制振装置を導入する。

超高層ビルの長周期地震動対策に採用されるTMD制振装置の部材には、規格サイズを超える特注品のすべり支承や天然ゴム系積層ゴムなどを活用することが多い。大林組は特注品を使うことなく、汎用品の天然ゴム系積層ゴムとオ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]