/

この記事は会員限定です

中国、コーヒー1杯1000円の国のジレンマ

アジア総局編集委員 村山宏

[有料会員限定]

北京のホテルのラウンジで普通のコーヒーを1杯飲んだら52元(約1000円)の請求がきた。ホテルとはいえ、これは高い。東京の高級ホテル並みだ。中国の物価が先進国並みに高くなっていることは度々指摘されている。ただ、足元では先行きのデフレを懸念する声もあり、それを払拭するための元安政策への期待も根強い。元安はコスト高に苦しむ国内の輸出産業を助け、デフレ解消の効果があるからだ。だが、物価高に敏感な今の地合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2062文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン