フィギュアの世界

フォローする

浅田、名振付師と再タッグ スケートに「新しい喜び」

(1/3ページ)
(1/3ページ)
(1/3ページ)
2015/10/1 6:30
共有
印刷
その他

1年間の休養を経て競技に復帰するフィギュアスケートの浅田真央(25、中京大)は6月、プログラム作りのため、振付師のローリー・ニコルさんがいるカナダに向かった。浅田が14歳の頃から一緒に仕事をしてきたニコルさんだが、ショートプログラム(SP)とフリープログラムを両方一緒に手掛けるのは2006~07年シーズン以来。「真央は新しい喜びをスケートに見いだした」。浅田の現在、そして新たな一歩について、再び…

共有
印刷
その他

フィギュアスケートのコラム

電子版トップスポーツトップ

フィギュアの世界 一覧

フォローする
紀平はフリーで巻き返したが、SPの出遅れが響いた

 日本勢の金メダル2個、銀メダル1個と沸いたさいたま大会から5年。再びさいたまスーパーアリーナで行われたフィギュアスケートの世界選手権は、銀メダル1個にとどまった。だが、日本勢にとっては実り多く、これ …続き (2019/3/30)

紀平はGPファイナルで、13年ぶりに日本選手として初出場初優勝を果たした=共同共同

 フィギュアスケートの世界では、五輪の翌シーズンに新しいスター選手や、大きなルール改正に伴ってこれまでにない戦い方をする選手が出てくることがある。今季はそれが顕著で、わかりやすい。紀平梨花(関大KFS …続き (2019/1/14)

ジャンプにミスが出たが、高橋は高い演技構成点を獲得した=共同共同

 24日まで行われたフィギュアスケートの全日本選手権で男子2位に入った高橋大輔(関大KFSC)。2019年3月20~23日にさいたま市で開催される世界選手権の代表入りは辞退したものの、自分らしく4年ぶ …続き (2018/12/30)

ハイライト・スポーツ

[PR]