抗体医薬開発の最前線 効果長持ちのリウマチ薬も
編集委員 滝順一

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2015/9/28 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「抗体医薬」の研究開発が盛んだ。抗体は免疫反応で体がつくるたんぱく質だ。細胞表面のたんぱく質(抗原)を認識して1対1で結合するため、副作用の少ない薬の開発が期待できる。がん治療薬のほか慢性疾患に対する抗体医薬の開発も進む。中外製薬の岡部尚文・研究本部長に最先端の抗体技術について聞いた。

■画期的新薬に集中 ロシュ傘下で臨床試験のコスト削減

――まず中外製薬の研究開発の基本戦略を聞きたい。

「基本は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]