/

この記事は会員限定です

「GMS大量閉店」到来 ヨーカ堂、3度目の正直

[有料会員限定]

国内に約1850ある総合スーパー(GMS)に大量閉店の波が押し寄せている。セブン&アイ・ホールディングス傘下のイトーヨーカ堂は2020年2月期までに40店舗を閉める方針を固めた。ユニーグループ・ホールディングスも最大で50店を閉店する方向で検討に入った。構造不況といわれて20年間近く。有効な打開策もないまま、消費者や投資家、地域にとっての重要性が薄れたことを映し出している。

構造不況20年、地域で存在感薄れる

「赤字だとは聞いていたが、まさかこうな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2967文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン