税金考 第3部

フォローする

アップル vs G20 節税巡る果てしなき攻防
税金考

2015/9/24 2:00
共有
印刷
その他

グローバル企業による低税率国を活用したアグレッシブなタックス・プランニング、つまり「行き過ぎた節税策」の詳細な仕組みは長年ベールに包まれていた。2013年、米上院がアップルなど米IT企業の節税策の調査に乗り出すまでは。

調査で明らかになったアップルの節税手法をビジュアルに解説し、こうした企業や税優遇を打ち出す国への包囲網を強めている経済協力開発機構(OECD)や20カ国・地域(G20)の動きに迫る。

下の画像からビジュアルデータ「アップル vs G20 節税巡る果てしなき攻防」(https://vdata.nikkei.com/prj2/tax_haven/)をご覧いただけます。

一部のブラウザーやスマートフォン、タブレットでは画面が正しく表示されなかったり、動きが制限されたりすることがあります。
ビジュアルデータ一覧ページ(https://vdata.nikkei.com/)もご利用ください。
共有
印刷
その他

インタビュー「わたしの税金考」

グローバル企業と税

関連キーワード

電子版トップ

電子版トップ連載トップ