/

この記事は会員限定です

危険な洪水後の感染症 ボランティアも予防対策を

[有料会員限定]

台風18号の影響による記録的な豪雨で、茨城県や宮城県で堤防が決壊するなどして多くの被害が出た。復旧作業が本格化しつつあるなか、被災者や被災地に応援に入るボランティアなどに対して、医療関係者が感染症への注意を呼びかけている。なかには破傷風など重症化すると命に関わるものもあり、消毒やガレキを片付ける際には肌を露出しない服を着るなどの対策を徹底したい。

東日本大震災でも1週間たってから増加 片付けはケガ防ぐ服装で

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1375文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン