/

この記事は会員限定です

地下構造体そのままに建て替え 工期1年・費用2割減

[有料会員限定]
日経アーキテクチュア
「こんな要望は発注者の無理難題」。成熟したかに見える建築業界で設計者や施工者が頭を悩ますのは、よくある光景だ。困難の突破に必要なのは、奇抜なアイデアではない。日々の仕事の流れを見直し、日常的に使う技術を別の角度から眺めてみることだ。今回はオフィスビル建て替え事業の入札で、36カ月程度の工期を見積もった建設会社が多いなか、25カ月の短工期を提案して受注を勝ち取った大林組の事例を紹介する。

「ビルの建...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1995文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン