前原元外相「菅首相が腰砕けに、残念」
(9月20日付朝刊 日曜に考える・政界面関連インタビュー)

(1/2ページ)
2015/9/20 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

民主党政権の2010年9月、沖縄県・尖閣諸島沖で中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した。党代表選のさなか、日本政府は対中国で難局に直面。船長の逮捕に踏み切りながら、中国側の反発を受けて結局は釈放するなど一貫性のない姿勢が批判を浴びた。当時、仙谷由人官房長官とともに国土交通相や外相として対応にあたった前原誠司氏に政府の判断の舞台裏を聞いた。

■「極めて悪質だ」

――尖閣で衝突事件が発生した直後、どの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]