進出先で税のトラブル、新興国では長引きがち
税金考

2015/9/24 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

もし、進出先の国で税のトラブルに巻き込まれたら――。

世界各地に事業拠点を構えるようになった日本企業にとっては、税を巡るトラブルが起きた場合に政府の支援や交渉に頼れるかどうかが重要な焦点になってくる。二重課税や移転価格税制を巡る国と国の関係はどうなっているのか。日本と欧米、新興国、タックスヘイブン(租税回避地)との関係を世界地図で点検する。

国境を超えた脱税、企業や投資家などが2カ国から課税され…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

インタビュー「わたしの税金考」

関連キーワード

電子版トップ



[PR]