/

この記事は会員限定です

医師国家試験に解答する人工知能 正答率40%超

[有料会員限定]

慶應義塾大学は2015年9月16日、同学理工学部の榊原康文教授と医学部の研究グループが静岡大学情報学部の狩野研究室等と共同で、医師国家試験の問題に一部自動解答する人工知能プログラムを日本で初めて開発したと、発表した。

近年、医療・健康データの電子化が急速に進められているが、患者の状態を把握して診療に必要な判断を的確に下す作業は難易度が高く、専門性が要求される。このため、電子カルテなどに記録された...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り461文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン