2019年1月19日(土)

広告だけじゃない 検索でも主導権狙う「iOS9」

(1/2ページ)
2015/9/17 6:30
保存
共有
印刷
その他

VentureBeat

モバイル向けの新基本ソフト(OS)「iOS9」に米アップルが広告ブロック機能を搭載すると決めたことが大きな話題になっており、多くの人はグーグルの広告収入を直接狙った攻撃だとみている。だが実は、この新OSにはインターネット検索最大手であるグーグルの収入に、はるかに大きな影響を及ぼしかねないもう一つのアップデートがある。大幅に改良された「スポットライト検索」機能がそうだ。これは広告ブロックのようにグーグルを直接的に攻撃するものではないが、グーグルの広告収入を徐々に断つ可能性がある。

■アプリ内へ直接誘導できる

では、何が変わるのか?

この問題を理解するには、一歩引いて「アプリ検索最適化(ASO)」という比較的ニッチな分野に目を向けることが重要だ。これは今までは極めて限定的な戦術だった。

これまでの検索エンジンは、スマートフォンなどのアプリがもつコンテンツにアクセスする手段がなかった。そのため、アプリの開発者やマーケターはアプリのインストールを促すページを宣伝することしかできなかった。だが、今ではアプリ内の特定のコンテンツページに直接飛べる「ディープリンク」の技術が使えるようになった。アップルやグーグルだけでなく、独立系のBranch.ioやDeeplink.meなどディープリンクに特化したスタートアップ各社も登場し、アプリのコンテンツへ飛ぶためのインデックスを積極的に作っている。

こうした新たなインデックス手法の登場により、アプリのコンテンツを宣伝する新たな方法も登場する。検索は、アプリ内にある有用な情報について示せるようになり、従来のウェブと似たような体験で、ユーザーのエンゲージメント(ファンからの継続的な反応)やコンバージョン(顧客の行動につながること)を高めることができる。これはまた、開発者にとってはアプリの利用者が増えることになり、OSプロバイダーはさらに多くの収入を手にし、エンドユーザーはより優れたコンテンツにアクセスしやすくなることを意味する。

これは結局のところ、ユーザーの端末に厳選されたウェブ環境を作ることができる状態ともいえる。欲しいアプリやサービスをダウンロードするだけで、アプリ内部を検索可能で、厳選されたプレビルド版(既に一定レベルの構造が用意されている状態)のコンテンツの「プール」が出来上がる。これはもう、既にグーグルのいかりから解き放たれ、漂いはじめる地殻変動なみの変化だ。

■iPhoneの検索がより便利に

iOS9を見る限り、アップルはアプリのコンテンツについてインデックスを作り、ユーザーがスポットライト検索や音声アシスタント機能「Siri(シリ)」で検索する際に、最初にその中を探した結果を提示しようとしている。グーグルや米マイクロソフトの検索エンジン「Bing」にアクセスする前(ここが決定的)にだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報