/

この記事は会員限定です

安保は成り、改憲は遠のく 巡る歴史の因縁

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

首相の安倍晋三は集団的自衛権の限定容認を含む安全保障法制を成就させそうだ。半面、憲法学者の違憲論から逆風が強まり、政権の体力を消耗。宿願の憲法改正への勢いは止まった。保守派の宰相と立憲学派の相克は、祖父の岸信介の改憲論と反対運動の再現でもある。歴史を遡れば、両派の因縁は戦前の天皇機関説論争にまで行き着く。

「改憲には残念ながらまだ国民的な理解が広がっているとはいえない。政治なので、タイミングもある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2779文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン