2019年5月24日(金)
スポーツ > 相撲 > スペシャル > 記事

スペシャル

フォローする

照ノ富士に続け 遠藤ら平成生まれ力士の出世競争

(1/3ページ)
2015/9/13 6:30
保存
共有
印刷
その他

大相撲秋場所(両国国技館)は13日に初日を迎える。5月の夏場所後に23歳の照ノ富士が平成生まれで初の大関に昇進し、41歳(引退を決めた時点では40歳)の旭天鵬、39歳の若の里の元関脇2人が7月の名古屋場所後に引退を表明した。角界の世代交代が加速しそうな気配だが、照ノ富士に続きそうな生きのいい若手が現時点では見当たらない。平成生まれで初の三役となった高安(25)、先場所に自己ワーストの4勝止まりだった逸ノ城(22)、ケガを抱えている遠藤(24)や大砂嵐(23)らがそろって伸び悩んでいる。上位の壁をなかなか破れない平成生まれの力士たちの逆襲なるか。

平成生まれの秋場所幕内力士一覧
力士名
(番付)
生年月日
(年齢)
寸評
照ノ富士
(大関)
H3.11.29
(23)
平成生まれ初の大関。同初の横綱も狙うモンゴル出身の大器
大砂嵐
(前頭2)
H4.2.10
(23)
エジプト出身、アフリカ大陸初の幕内力士。横綱を夢見て来日
高安
(前頭3)
H2.2.28
(25)
平成生まれ初の新十両、新入幕、新三役と同世代の先頭を走る
逸ノ城
(前頭4)
H5.4.7
(22)
昭和以降最速の所要5場所で新三役となったモンゴルの怪物
遠藤
(前頭7)
H2.10.19
(24)
昭和以降最速の所要3場所で新入幕。スピード出世で人気者に
琴勇輝
(前頭10)
H3.4.2
(24)
突き押しが武器。仕切りのときの叫び声「ホウッ」でも話題
千代鳳
(前頭12)
H4.10.11
(22)
足腰に強さ。体を丸めてひたすら前に出る。兄は人気の千代丸
大栄翔
(前頭13)
H5.11.10
(21)
今場所新入幕の幕内最年少力士。遠藤と同じ追手風部屋
英乃海
(前頭15)
H1.6.11
(26)
日大では遠藤の1年先輩。体の柔らかさ生かした取り口が武器

高安

平成生まれの力士の旗手となった照ノ富士が、かつてライバル視していたのが高安だ。照ノ富士は「(2013年秋場所に)高安関が平成生まれで初めて三役に昇進して話題になった。あれを見て、平成生まれの最初の大関には、自分がなるぞと思った」と振り返る。

今は立場が逆転し、高安が照ノ富士から刺激を受けている。先場所4日目に新大関と対戦して完敗。右四つがっぷりに組み、相手に抱えられて寄り切られた。高安は「まともにいって負けて、力の差を痛感した。負けたのに、なぜかすがすがしい気持ちになった。(照ノ富士に)追いつきたいという気持ちが強くなった」と心に火がついたという。

照ノ富士が台頭する前は、高安が平成生まれの出世競争で常に先頭を走ってきた。10年九州場所の新十両、11年名古屋場所の新入幕も、ともに平成生まれで一番乗りだった。田子ノ浦部屋(当時は鳴戸部屋)所属。亡くなった先代鳴戸親方(元横綱隆の里)の教えをたたき込まれた最後の世代で、ストイックに稽古に打ち込む姿勢は兄弟子の稀勢の里によく似ている。

23歳だった13年秋場所で「平成生まれ初の三役」と脚光を浴びた後から伸び悩み、2年が経過。25歳となった高安は「もう若くはない。現役生活は長くないから、力があるうちに一生懸命稽古したい」と危機感を隠さない。

「もう若くはない」と高安。三役定着がまず目標

「もう若くはない」と高安。三役定着がまず目標

着実に力を付けてはいる。先場所2日目の横綱白鵬戦は、1分43秒の持久戦の末に、惜しくも敗れた。取組後、土俵上で白鵬から健闘をたたえられ、背中をポンとたたかれた。巡業や連合稽古でも、横綱からよく稽古相手に指名される。白鵬は「(高安は)常に全力でぶつかってくるから、こっちも気持ちがいい」と、相撲に対する高安の愚直な姿勢を高く買っている。

高安は「横綱にそういうふうに言ってもらえるのはうれしいけれど、善戦しただけで満足していてはダメ。これからは横綱以外の力士もよく研究して、安定して白星を挙げられるようになりたい」。まずは三役定着が目標だ。前頭3枚目で臨む今場所は9勝以上で三役への返り咲きが見えてくる。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
17年春場所13日目、稀勢の里は土俵下に落ち、左胸付近を押さえながら動けなくなった

 大相撲の横綱稀勢の里が引退を決断した。2017年1月の初場所で悲願の初優勝を果たして横綱に昇進、翌3月の春場所もけがを抱えながら22年ぶりの新横綱優勝を飾った。新時代の扉が開いたかにみえたが、そこか …続き (1/16)

現役引退の記者会見で涙を見せる横綱稀勢の里=共同共同

 17歳で新十両、18歳で新入幕、19歳で新三役。歴代の大横綱をなぞるようなスピード出世だったことを思えば、稀勢の里が横綱としての責任を全うしたとはいえない。だが、優勝2回という記録以上に鮮烈な記憶を …続き (1/16)

日本相撲協会に退職届を提出し、記者会見する貴乃花親方(25日午後)

 25日に日本相撲協会に退職届を出した大相撲の貴乃花親方(元横綱)。無所属だったが、5つある一門に所属できずに追い詰められたことが退職の一因になったとの見方がある。そもそも大相撲の一門とはどういうもの …続き (2018/9/26)

ハイライト・スポーツ

[PR]