超々高齢化社会が迫る 危機対策を急げ

(1/3ページ)
2015/9/15 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 日本が間もなく迎える超々高齢化社会では、様々なひずみが生まれることが予想される。孤独死、認知症、老人犯罪(加害・被害両方)の3大問題。だが対策の芽もあちこちで生まれ始めている。老後の備えは、早いに越したことはない。その取り組みを紹介する。

老いへの不安から逃れようと、ある者は「ついのすみか」を確保し、穏やかに最期を迎えようとする。ある者は蓄えを着実に増やすことで、有事に備える。そしてある者は、で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]