/

この記事は会員限定です

超々高齢化社会が迫る 危機対策を急げ

[有料会員限定]
 日本が間もなく迎える超々高齢化社会では、様々なひずみが生まれることが予想される。孤独死、認知症、老人犯罪(加害・被害両方)の3大問題。だが対策の芽もあちこちで生まれ始めている。老後の備えは、早いに越したことはない。その取り組みを紹介する。

老いへの不安から逃れようと、ある者は「ついのすみか」を確保し、穏やかに最期を迎えようとする。ある者は蓄えを着実に増やすことで、有事に備える。そしてある者は、で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3602文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン