/

この記事は会員限定です

山崎拓氏「加藤の乱、ネット人気に酔った」

(9月13日付朝刊 日曜に考える・政界面関連インタビュー)

[有料会員限定]

2000年11月、不人気にあえぐ森喜朗政権の倒閣に動いた自民党の加藤紘一元幹事長は、野党が提出を模索していた内閣不信任決議案に自らの派閥議員らとともに同調しようとした。執行部の野中広務幹事長らが除名や公認取り消しをちらつかせて鎮圧に乗り出し、失敗に終わった。加藤氏と行動をともにした盟友の山崎拓・元自民党副総裁に「加藤の乱」の内幕を聞いた。

「加藤氏は脇が甘く、勝負師でない」

――11月9日に加藤氏が政治評論家らとの会合で「森首相に内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1995文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン