/

この記事は会員限定です

メガネ型端末での眼の疲労、「15分に1回の休憩で予防」

[有料会員限定]
日経デジタルヘルス

「メガネ型端末による眼の疲労度は15分ほどの連続使用であれば、実際の読書と違いはない。15分に1回程度の休憩を入れれば、疲労は蓄積しにくくなるだろう」――。大阪大学大学院医学系研究科教授の不二門尚氏は2015年9月8日、「Wearable TECH EXPO in Tokyo 2015」(主催:朝日新聞社メディアラボ、博報堂、博報堂DYメディアパートナーズ、ジョリーグッド)の講演で、メガネ型ウエア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り917文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン