/

この記事は会員限定です

広海二三郎氏 リスク恐れぬ祖先の血

市場経済研究所代表 鍋島高明

[有料会員限定]

欧州大戦下の大正バブル景気は鉄成り金、糸成り金、染料成り金などさまざまな成り金が生まれた。中でも内田信也、山下亀三郎、勝田銀次郎の3大船成り金はケタ外れだった。広海二三郎は山本唯三郎、乾新兵衛、辰馬吉左衛門らとともに三巨人に次ぐ規模の船成り金だった。

大戦が始まる前の海運市場は船腹過剰に苦しんでいたが、大戦勃発で様相が一変する。たとえば、門司―横浜間の石炭運賃。戦前は1トン70銭くらいだったもの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1653文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン