2018年6月22日(金)

電脳将棋はもう古い 「ウソ見破れ」AI最前線

(1/2ページ)
2015/9/13 3:30
保存
共有
印刷
その他

 人工知能(AI)の進化度合いを測る“物差し”の一つとして、ながらく国内では「将棋」が使われてきた。だが、研究対象としての将棋は終わりを迎えつつある。将棋に代わり、AI分野で注目されているゲームが「人狼」だ。最新ゲームAIの実像と人狼の魅力に迫った。

将棋に代わり、AI研究の対象として注目されている「人狼」の対戦画面

将棋に代わり、AI研究の対象として注目されている「人狼」の対戦画面

 プロ棋士と将棋用のAIがつばぜり合いを演じる「電脳戦」は、将棋ファンならず多くの人の注目を集めた。2013年には、プロ棋士が初めてAIに敗れるなど、トップクラスのプロ棋士でも容易に勝つのが難しいほどAIは進化を遂げている。

■研究対象としての将棋は終わった

 将棋用AIは、一般的な人間を圧倒するレベルにまで達しているが、「コンピューターのなかに知性が生まれた」とは言いがたい状況だ。そもそも、将棋AIは将棋以外の処理に不向きで、現実世界での応用範囲が狭いと指摘されている。これ以上、将棋用AIの研究を突き詰めても、人間的な知性の登場は望めない。はこだて未来大学で、長年ゲームAIを研究している松原仁教授は、「将棋は、AI研究の対象としては終わった」と言い切る。

はこだて未来大学の松原仁教授

はこだて未来大学の松原仁教授

 なぜ、将棋はAIの研究対象として終焉(しゅうえん)を迎えたのか。それは、将棋が「完全情報ゲーム」だからだ。完全情報とは、お互いがどのような手を打ったのか、完全に公開されていることを意味する。囲碁やチェス、オセロなども完全情報ゲームの一種である。一方、プレーヤーごとに把握できている情報が異なるゲームを「不完全情報ゲーム」と呼ぶ。

 完全情報ゲームである将棋用のAIは、過去の棋譜など大量のデータベースを解析し、ある局面で次にどのような手を打つのが最適かを確率的に導き出すアルゴリズムで構成されている。データが大量にあり、解析に時間を掛ければ掛けるほど、優れた手を打てる。近年、コンピュータ性能が飛躍的に向上したことで、汎用のコンピューターでもプロ棋士を圧倒する手を打てるに至った。囲碁やチェス、オセロなど、完全情報ゲームの世界では、AIが人間を圧倒しつつある。

 一方、現実世界のビジネスや人間関係などは、完全に情報が公開されている状況は皆無に等しい。むしろ、すべての要素が公平に公開されていないことの方が多い。不完全な情報しかない状況で最適な解を導き出すには、多岐にわたる推論を必要とする。こうした推論を、従来のAIは苦手としていた。

■ウソを見極める能力が要求される人狼

 完全情報ゲームの将棋に代わり、AI研究の対象として注目を集めているのが「人狼」「汝(なんじ)は人狼なりや?」などと呼ばれるゲームである。複数人でプレーする人狼は不完全情報ゲームの一種で、01年に米国のゲーム会社が開発した。日本でもここ数年、口コミで人気が広がっており、テレビ番組でゲームの模様が紹介されたこともある。

 人狼で勝ち残るには、他のプレーヤーから信頼を得たり、意図的にウソをついたりといった、より人間らしい複雑なコミュニケーション能力を必要とする。

 基本ルールを、かいつまんで説明しよう。人狼は、6~15人と多人数で行う。プレーヤーは、「村人陣営」と、村人のふりをした「人狼陣営」に分かれてゲームを進める。ゲームは、「昼」と「夜」のターン制で、1日が構成されている。昼間に、誰が人狼であるのかプレーヤー同士が会話をしながら推測し、多数決によって1人追放する。一方、夜には人狼グループが1人の村人を襲撃(追放)できる。昼と夜のターンを繰り返し、先にすべての人狼を追放できれば村人陣営の勝ち、人狼と村人が同数になれば人狼陣営の勝ちとなる。

 このゲームを有利に進めるには、相手を説得し、ときにはウソをついて信頼してもらう必要がある。プレーヤーが村人なら、自分の推理をほかの村人に信用してもらい、多数決で人狼を追放しなければならない。一方、プレーヤーが人狼の場合は、適切なウソをついて村人のふりをして、あたかも別の誰かが人狼であると村人を疑心暗鬼にさせていく。

 このゲームの醍醐味は、プレーごとに局面が大きく変わり、必勝法がない点だ。人間同士がプレーした場合、熟練者が初心者に負けることも少なくない。先が読めない複雑な展開が起きるおもしろさが評され人気が高まった。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他


[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報