五輪の暑さ対策、路上は温度上昇抑える舗装技術で

2015/9/8付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京五輪の暑さ対策を検討する国の関係省庁連絡会議は、マラソンなどが行われる道路空間について、保水性や遮熱性などの舗装技術や沿道の緑化で路面温度の上昇を抑制する考えをまとめた。2015年9月2日付の中間取りまとめに、その方針を記載している。会議に参加している国土交通省は、様々な舗装技術の効果を東京都内の路上で検証中だ。

2020年の東京五輪は7月24日~8月9日、パラリンピックは8月25日~9月6…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]