/

この記事は会員限定です

KDDI、格安スマホ対策の切り札はサブブランド

ジャーナリスト 石川 温

[有料会員限定]
 急拡大する格安スマートフォン(スマホ)市場にどう対処していくべきか――。国内の大手携帯電話会社が頭を悩ませている。放置しているとユーザーが次々と流出し、ビジネスに大打撃を与えかねない。そこでKDDIが選んだのは、自社ネットワーク向けの格安スマホをサブブランドとして提供していく戦略だ。より安い料金で利用したいユーザーのニーズにこたえつつ、本業のビジネスへの影響を最小限に抑えるよう折り合いを付ける難しいかじ取りに挑む。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3427文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

モバイルの達人

最新スマホの最速レビューから、最新技術動向、スマホを巡るビジネスの裏側など業界を知り尽くす「達人」がお伝えします。動きの早いモバイル業界の「次を読む」ためのヒントが満載。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン