/

この記事は会員限定です

日本の難民認定は狭き門

[有料会員限定]

日本の難民受け入れ状況はどうなっているのだろうか。法務省によると2014年の難民申請数は5000人。前年の1.5倍になった。内訳を見ると、留学生や技能実習生など申請時に正規の在留許可を持っている「正規申請者」が4134人で、前年の2404人から急増した。

難民申請者の国籍を見ると1位はネパールで1293人、2位はトルコで845人、3位はスリランカで485人、4位はミャンマーで434人。いずれも申請...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り718文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン