/

この記事は会員限定です

人工知能が自律攻撃 「AI兵器」に開発禁止の機運

宮本和明 米ベンチャークレフ代表

[有料会員限定]

人工知能(AI)の軍事利用に対して、危機感が広がっている。2015年7月にアルゼンチンのブエノスアイレスで開催された人工知能学会で「人工知能を搭載した軍事兵器の開発を禁止すべき」との書簡が公開された。書簡は人工知能研究者やロボット開発者が共同で執筆し、業界著名人ら2万人の署名を集めた。

"AI兵器"は高度なインテリジェンスを持ち、人間ではなく人工知能が攻撃対象を決める。火薬、原子爆弾に続く第三世...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4563文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン