/

この記事は会員限定です

「老舗ゲーセン」が破綻 スマホがとどめ

帝国データバンク・藤森徹

[有料会員限定]

身近な娯楽として人気の高かったゲームセンターがこのところ、スマートフォン(スマホ)を活用したソーシャルゲームの普及で窮地に立たされている。大型ゲームセンターを全国に展開するザ・サードプラネット(静岡市、長野和史社長)は6月29日、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請。一時は100億円近い売り上げがあり、この業界の老舗ともいえる企業の隆盛と衰退を検証する。

市場が7年で4割減少

ゲームセンターの苦戦が続いている。公益財...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1533文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン