2019年6月26日(水)

仏ルノー、「Talisman」のワゴンモデルを発表

2015/8/31付
保存
共有
印刷
その他

日経テクノロジーオンライン

仏ルノーは2015年8月26日、Dセグメント車「Talisman」のワゴンモデル「Talisman Estate」を発表した。7月6日に発表したセダンとともに「フランクフルトモーターショー」(一般公開日9月17~27日)で公開し、2016年前半に発売する予定。

欧州では、Dセグメントのセダンとワゴンの販売比率は46:54で、ワゴンの方が売れているという。Talisman Estateの技術的な特徴はセダンとほぼ同じ。車体寸法はセダンより全長が10mm長くなって4860mm、全幅(1870mm)と全高(1460mm)は同じである。

ルーフからテールゲートへのラインが変わったため、後席のヘッドルームがセダンより30mm拡大して886mmとなった。荷室容量は手荷物棚までで572L、荷室長は最大1116mmとなる。後席を折り畳むと最大1700L、2010mmまで拡大する。テールゲートはハンズフリー自動開閉機能を備え、リアバンパーの下で足を振ることで開閉できる。


(日経テクノロジーオンライン 櫛谷さえ子)

[日経テクノロジーオンライン 2015年8月28日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報