/

この記事は会員限定です

露と消えた戻り期待、強制決済におびえる市場

証券部 田中深一郎

[有料会員限定]

25日の東京株式市場は連日の急落となった。前場こそ買い戻しが優勢となり一時294円高を付ける場面があったが、後場に入って空気は一変。特に午後2時過ぎから下げがきつくなり、終値は733円安の1万7806円と6営業日続落した。後場に売りがかさんだ理由の一つは中国株安だが、もう一つ需給面の懸念が市場を覆った。個人の信用取引の含み損拡大による強制決済だ。

「急落した昨日と同じ展開。ヘッジファンドプログラム売買...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り692文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン