電気作りながら廃水処理 「発電菌」実用化へ一歩

(1/2ページ)
2015/8/25 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 汚れを分解しながら電気もつくる特殊な微生物である「発電菌」を廃水処理に利用する技術開発が進んでいる。「微生物燃料電池」とも呼ばれ、電気も得られるのが特徴のひとつだ。さらに大幅な省エネや廃棄物の削減という意外な利点も大きく、実用化が期待されている。

■酸素呼吸の代わりに電子を電極に放出

開発は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の事業で、東京大学の橋本和仁教授をプロジェクトリーダーとし、積…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]