/

この記事は会員限定です

ミクシィ創業者・笠原氏 株売却の真の目的

[有料会員限定]

ミクシィ創業者の笠原健治会長は7月末、保有する同社株式約3900万株(発行済み株式の47%)のうち、270万株(同3%)を売り出した。株価好調もあり、売却額は総額130億円にも膨らんだ。公募増資に足並みをそろえた創業者の売り出し。一部では「独立の準備か」などの臆測も呼んだが、真の目的は別のところにある。

笠原氏の保有比率が足かせに?

「保有株を売ってもらえませんか」。売り出しからさかのぼること約2カ月。ミクシィで最高財務責任者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り654文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン