/

この記事は会員限定です

「30分だけ在宅勤務」 サントリー流仕事術が浸透

[有料会員限定]
日経情報ストラテジー
サントリーホールディングスは2008年に在宅勤務制度を設けたが、当初の利用者は年間わずか数十人。それが現在では年間2500人が利用するまでに普及している。「1日の就業時間のうち数十分だけ在宅勤務」といった働き方もできるようにするなど、制度利用を促す工夫を重ねてきた。

「育児休暇明けから始めた在宅勤務は、仕事と家事の切り替えが容易にできる。仕事と家庭の両方に対して不安を抱えずに済むようになった」。こ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5748文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン