「30分だけ在宅勤務」 サントリー流仕事術が浸透

(1/4ページ)
2015/8/24 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 サントリーホールディングスは2008年に在宅勤務制度を設けたが、当初の利用者は年間わずか数十人。それが現在では年間2500人が利用するまでに普及している。「1日の就業時間のうち数十分だけ在宅勤務」といった働き方もできるようにするなど、制度利用を促す工夫を重ねてきた。

「育児休暇明けから始めた在宅勤務は、仕事と家事の切り替えが容易にできる。仕事と家庭の両方に対して不安を抱えずに済むようになった」。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]