/

この記事は会員限定です

社会的規制と個人の自由

(宮内義彦氏の経営者ブログ)

[有料会員限定]

政府はどこまで国民の自由を制限できるのか。今回はそんなことを考えてみたいと思います。

例えば、自分の名前についてです。夫婦別姓の問題があります。現在は民法で夫婦が別の姓を称することが認められていません。結婚すれば男性の名字に統一するカップルが圧倒的多数です。公的な書類で旧姓を使用することは、基本的に禁じられています。

しかし、どのような姓を名乗るのかというのは、極めて私的な問題なのではないでしょ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2367文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経営者ブログでは、著名な経営者が企業戦略や産業界を取り巻く話題、日常的な発想など幅広いテーマで本音を語ります。 経営、人材育成、会社や組織のあり方、政治や社会問題などをリーダーそして成功者の目線でとらえ、経営者の考え方や役割も学べるコラムです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン