デンソー、藻類から抽出したバイオ燃料の培養施設

2015/8/19付
保存
共有
印刷
その他

日経テクノロジーオンライン

デンソーは2015年8月19日、熊本県天草市に微細藻類の大規模培養実証施設を建設すると発表した。2018年度をめどに、藻類から抽出したバイオ燃料の実用化に向けた要素技術の確立を図る。

新施設の敷地面積は2万m2(平方メートル)で、「国内最大級」(同社)という。廃校の土地と施設を活用して建設し、2016年4月から稼働する予定だ。

大規模実証設備のイメージ図

大規模実証設備のイメージ図

同社が培養するのは、池や温泉に生息する藻類「シュードコリシスチス」。5μm(ミクロン)ほどの体内に、軽油に近い成分を含む。成長が速い、丈夫で培養しやすい、樹木と比べて多くの二酸化炭素を吸収する、といった特徴を持つ。同社は2008年4月から、シュードコリシスチスを使ってバイオ燃料を生産する研究に取り組んでいる。

これまで同社は、電子制御式ディーゼル燃料噴射装置を製造する善明製作所(愛知県西尾市)に300m2の施設を構え、培養実験を実施してきた。しかし、バイオ燃料の生産効率を高めるためには大規模培養技術の確立が必要と判断し、新施設の建設を決めた。

(日経テクノロジーオンライン 松田千穂)

[日経テクノロジーオンライン 2015年8月19日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]