ITによる氾濫予知や雨水貯留…ゲリラ豪雨対策が進展

(1/3ページ)
2015/9/15 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 今や夏の風物詩となった「ゲリラ豪雨」。突然襲ってくるこの大雨による下水道氾濫に備え、雨水貯留施設の建設が相次いでいる。ICT(情報通信技術)で氾濫を予知したり、雨水を貯留して再利用するなど新技術の導入が始まっている。

短時間に局地的な大雨が降る「ゲリラ豪雨」によって、河川の氾濫だけでなく、下水道の氾濫(内水氾濫)による地下街の浸水被害がここ数年頻発している。下水道管の多くは1時間に50mmの雨水…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]